もしロバ

もし上場企業のサラリーマンがロバート・キヨサキの『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだら

投資

金を買い漁る究極の投資家

2016/09/08

投資。

ロバート・キヨサキの金持ち父さん貧乏父さんを読むまでは、あまり興味をもっていなかった対象。

不労所得という考え方を知り、

クワドラントという考え方を知り、

投資の世界こそ、最終的に住むべき世界だと確信。

 

Employeeの世界から、私の社会人生活はスタート。

Employeeの傍ら、Small businessとしてエアビーアンドビーやネットビジネスで副収入を作り始めた今。

それらを大きく育て、Big businessの世界へ。

最後はInvestor

究極の投資家。その響きに憧れる。

 

投資に関する、情報を書き残すためのカテゴリがココ。

 

 

ちなみにここ最近は、イギリスのEU離脱が国民投票で決まった。通称ブレグジット。

それにより、ドル円が100円を切った。

株価は今年2016年の始まる頃には2万円を伺う好況感。

しかし、チャイナリスク等による失速。

 

そんな中、2ヶ月前のプレジデントに、ジム・ロジャーズのコラムが掲載。

金を買い漁っていると。

金の延べ棒

そして、確かに今また金が上がってきている。

まだまだ買いなんだって!

昨日、モーサテで金ETFの特集やってたし。

 

そういえばロバート・キヨサキも金だってずーっと言ってた。

 

私の現状では、いま一番の投資先は、自己投資。

ビジネスに投資して、自動販売機をガンガン作ること。

そっちに資本を回すべき。

-投資