もしロバ

もし上場企業のサラリーマンがロバート・キヨサキの『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだら

ライフ

ネッテラーとbet365(ブックメーカー)とエントロペイ

ブックメーカーで小遣い稼ぎ

ブックメーカーって知っていますか?

日本ではあまり知られていませんが、

世の中のあらゆる出来事を賭けの対象として主催している会社のことです。

欧米ではかなり一般的らしく、賭けの対象はサッカー、クリケット、野球、テニスなどの、あらゆるスポーツ。

それから競馬はもちろん、e-sportsだったり、会社によっては次期アメリカ大統領は誰?みたいなのまであるそうです。

私はこのブックメーカーで小遣い稼ぎをチョコチョコやっております。

賭けの対象はサッカーで、過去の膨大なデータから、ほぼ確実に勝てる試合を狙ってBET!という戦法です。

これでだいたい月利150%くらいは出てます。

つまり月初に10万あったら、月末には15万になってます。

これを福利で回しているので、けっこうイイお小遣い稼ぎになっちゃうのです。

この手法に興味のある方は、コメントどうぞ。ww

%e5%b0%91%e5%b9%b4%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc

bet365

さて、そのブックメーカー。

私はbet365という会社を利用しています。

イングランド・プレミアリーグのストークシティのユニフォームスポンサーを務める会社です。

使い勝手がよく、スマホへの通知機能とかもあるので重宝しています。

 

ネッテラーというお財布

bet365というブックメーカーを使って、サッカーの試合にBETし、小遣い稼ぎをしているわけですが、

bet365はイギリスの会社です。

なので、bet365に入金したり、bet365から出金したりするのに、ひと手間かかってしまいます。

日本の銀行口座や、日本発行のクレジットカードでやりとり出来ないんですね。

 

そこで重宝していたのが、ネッテラー(Neteller)です。

このネッテラーというのは、簡単に言えばウェブ上のお財布です。

 

ネッテラーには、日本発行のクレジットカードから入金ができ、

さらにネッテラーカードを作っておけば、日本国内のATMから出金が可能だったのです。

 

その為、bet365を使うにはネッテラーというお財布を持っておく必要がありました。

 

しかし、ネッテラーはブックメーカーの入出金を禁止してしまいました。。

 

その為、bet365を引き続き利用していく為に、別のお財布を用意する必要に迫られたのです。

 

エントロペイというバーチャルカード

新たなお財布として、利用できることが確認されたのが、

エントロペイ(entropay)です。

エントロペイは、お財布というよりは、クレジットカードです。

ウェブ上で管理されるクレジットカードなので、実物は手元に届きません。

しかし、クレジットカード番号や有効期限、CVVなどが発行される為、

ネットショッピングなどで利用できる、いわばバーチャルカードです。

 

エントロペイからbet365への入金、

そしてbet365からエントロペイへの出金ができることが報告され、

私も実際にやってみましたが、簡単にできました!

 

色んなサービスが世の中にはあります。

全世界と繋がれるインターネット時代、もっともっと楽しみたいですね!

 

-ライフ