もしロバ

もし上場企業のサラリーマンがロバート・キヨサキの『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだら

ライフ

コラムニスト勝谷誠彦氏が兵庫県知事選挙へ立候補




勝谷誠彦 現在

少し前までテレビのコメンテーターとして、毎日のようにテレビ出演していた勝谷誠彦氏ですが、最近見ないな〜と思っていたら、政治家になる意向を固めたそうです。

コラムニストの勝谷誠彦氏(56)が、兵庫県知事に立候補する意向を固める(産経ニュース)

近日中に正式に出馬表明をするとのこと。

 

勝谷誠彦氏といえば、元ジャーナリストでコラムニスト、ライター、タレント写真家などをこなす。現在はマネジメント契約でよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。

兵庫県尼崎市の生まれで、灘中学校、灘高校を卒業。灘高校では生徒会長を務めていた。大学は早稲田大学。大学卒業後は電通を経て文藝春秋社。文藝春秋の記者時代には、「女子高生コンクリート詰め殺人事件」(1989年)の加害者の少年の実名を報道したことが話題となった。未成年容疑者の実名を報道することに反対意見がある中、勝谷の主張は「獣に人権はない」というものだった。

 

勝谷誠彦 番組

文藝春秋退社後、フリーランスのコラムニストとして、メディア出演など多数。

主なメディア出演は以下の通り。

  • 日本テレビ『スッキリ!!』
  • 朝日放送『ムーブ!』
  • TBSラジオ『ストリーム』
  • 『そこまで言って委員会』
  • 『あさパラ!』
  • 『ビートたけしのTVタックル』
  • 勝谷誠彦ショー

 

勝谷誠彦 クビ 理由

メディアでの過激な発言が目立つが、そこが売りでもあり、特に関西人には支持されそうなキャラクターに映ります。ただ、関西がメインのテレビ番組「そこまで言って委員会(旧たかじんのそこまで言って委員会)」では、過激な発言を繰り返したことで、番組降板となっている過去も。

政治的には、新党日本の田中康夫を支援。小沢一郎政経研究会で講演を行ったことも。

 

勝谷誠彦 コラムニスト

コラムニストとして、有名な造語も世に送り出している。

  • 利権談合共産主義
  • 築地をどり

 

勝谷誠彦 著書

著書も多数あります。

  • 『失業論文―浪人記者ノート』(アスキー、1998)
  • 『いつか旅するひとへ』(潮出版社、1998)
  • 『にっぽん蔵元名人記―美酒を生み出す人と技』(講談社、2000)
  • 『にっぽん蔵々紀行』(光文社文庫)
  • 『旅の達人が教えるちょっとわがまま海外旅行』(三笠書房王様文庫、2000)
  • 『旅。ときどき戦争―湾岸から南極まで』(ベストセラーズ、2000)
  • 『バカとの闘い』(新潮社、2001)
  • 『帰ってきたバカとの闘い』(新潮社、2001)
  • 『勝谷誠彦の地列車大作戦』(JTB、2002)
  • 『色街を呑む!―日本列島やりつくし紀行』(祥伝社、2003)
  • 『イラク生残記』(講談社、2004)
  • 『電脳血風録 the last digital samurai 』(日経BP社、2004)
  • 『続・にっぽん蔵々紀行』(光文社文庫)
  • 『世界がもし全部アメリカになったら』(藤波俊彦絵、アスコム、2005)
  • 『今宵もとことん、食う!呑む!叫ぶ! 一夜一殺、魂の食べ手 勝谷誠彦の行きつけの店』(ダイヤモンド社2005)
  • 『ニュースバカ一代』(扶桑社、2006)
  • 『イケ麺!』(新潮社、2006)
  • 『偽装国家』日本を覆う利権談合共産主義 (扶桑社新書 2007)
  • 『彼岸まで』(光文社 2007)
  • 『偽装国家 2』底なし篇 (扶桑社新書 2007)
  • 『勝谷誠彦の××な日々vol.1〜6』
  • 『男の居場所 酒と料理の旨い店の話』(西日本出版社 2008)
  • 『バカが国家をやっている』(扶桑社、2008)
  • 『代案をだせ』(扶桑社、2009)
  • 『美しき日本人は死なず』(アスコム、2009)
  • 『あっぱれ! 朝日新聞(笑)』(ワック、2009)
  • 『坂の上のバカ』(扶桑社、2011)
  • 『ディアスポラ』(文芸春秋、2011)
  • 『文庫版 ディアスポラ』(文芸春秋、2014)
  • 『あっぱれ!懲りない朝日新聞(笑)』(WAC BUNKO、2013)
  • 『獺祭 天翔ける日の本の酒』(西日本出版社、2014)
  • 『バカが隣りに住んでいる』(扶桑社、2015)

など

 

勝谷誠彦 兵庫県知事 選挙

今回の兵庫県知事選挙出馬については、「兵庫県内を取材して回る中で、県政の課題が見えた。県民として兵庫県に恩返しがしたい」と語っている。

県政の課題って、号泣議員みたいなのがいることですか?と思ったのは私だけ?(笑)野々村議員でしたっけ。

勝谷誠彦兵庫県知事選挙立候補

勝谷誠彦氏が出馬する今回の選挙には、現職の井戸敏三氏(71)という5選を目指す強敵がいます。しかも自民党、民進党、公明党の推薦を受けている盤石っぷり。

知名度のある勝谷誠彦氏の参戦で、どうなるか、注目です。

 

投開票日は7月2日。

 

 

-ライフ